茅ヶ崎市自治会連絡協議会会則
      昭和39年4月1日制定
  

(名称及び事務局)
第1条 この会は、茅ヶ崎市自治会連絡協議会(以下「会」という。)と称し、
事務局をさがみ農業協同組合ビル内に置く。

 (組織)
第2条 この会は、地区自治会連合会を代表する会長・副会長(以下「委員」という。)
をもって組織する。

  (目的)
第3条 この会は、自治会の育成及び市政発展に寄与することを目的とし地区相互の親
睦と緊密なる連絡を図るものとする。

  (事業)
第4条 この会は、前条の目的達成のため次のことを行う。
(1) 自治振興の研究
(2) 自治会の育成
(3) 自治会活動の資料収集及び交換
(4) 市民活動の支援
(5) その他目的達成に必要な事項

  (役員)
第5条 この会に次の役員を置く。
会 長  1人
副会長  2人
会 計  1人
監 査  2人

  (役員の選出、任期)
第6条  役員は、委員の互選による。
2 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない、
3 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
4 役員の任期が満了した場合においても、後任者が選出されるまでは、
 引き続き存任するものとする。

  (役員の任務)
第7条 会長は、この会を代表し会務を総理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する
3 会計は、この会の会計を掌理する。
4 監査は、この会の会計を監査する。

  (会議)
第8条 会議は、総会、定例会及び役員会とする。
(1) 総会は、毎事業年度の初めに開催し、役員の選任、会則の改正、毎年度の事業
   及び決算報告、新年度の事業計画及び予算等、その他重要事項を審議する。
(2) 定例会は、会長が召集し、会長は会議の議長となり、会は必要事項を審議する。
(3) 役員会は、総会及び定例会への提出議案並びに緊急事項を審議する。
(4) 各会議の議事は、3分の2以上の出席により成立し、議事は、出席者の2分の1
    以上の同意によって決定する。可否同数の場合は、会長の決するところによる。

  (広報市民活動委員会)
第9条 この会に、広報市民活動委員会を置くことができ、必要な事項は別に定める。
  (経費)
第10条 この会の経費は、負担金(地区10,000円)・補助金・その他の収入をもっ
   て充てる。

  (会計年度)
第11条 この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

  (その他)
第12条 その他、この会の運営に必要な事項は、定例会に諮り会長が決定する。

附 則
 この会則は、昭和39年4月1日から施行する。
附 則
 この会則は、昭和42年6月3日から施行する。
附 則
 この会則は、昭和46年6月7日から施行し、昭和46年4月1日から適用する。
附 則 
 この会則は、昭和49年5月21日から施行する。
附 則
 この会則は、昭和50年5月26日から施行する。
附 則
 この会則は、昭和51年4月1日から施行する。
附 則
 この会則は、昭和59年4月1日から施行する。
附 則
 この会則は、平成7年5月12日から施行し、平成7年4月1日から適用する。
附 則
 この会則は、平成10年4月1日から施行する。
附 則
 この会則は、平成12年4月1日から施行する。